ピルで起こる不正出血って生理?それとも妊娠?

アイピルなどのアフターピルは飲んだ後、すぐに生理が起こると思っている方も少なくないでしょう。

しかし、数日~3週間程度かかるとされていて、その出血が生理ではない場合もあるのです。

不正出血は自然に起こる生理と区別するための名前で、生理以外の子宮からの出血を総称していいます。

ピルで起こる不正出血とは

ピル服用後の出血について

アイピルを飲んだ後に起こる不正出血には、いろいろな原因がありますが、主に消退出血・着床出血・排卵出血などがあります。

これらの出血には「生理つまり避妊成功」あったり「妊娠」の意味が隠れているのです。

それぞれの出血の意味について紹介します。

消退出血=生理、避妊成功の証

アイピルの服用によって、強制的に生理が引き起こされます。

このとき有効成分であるレボノルゲストレルがプロゲステロンによく似た働きをするため、排卵後に起こる子宮内膜の成熟するスピードを促進。

そして、卵子と精子の受精および受精卵の着床が起こらなければ、子宮内膜が剥がれ落ちることで消退出血が起こるのです。

生理と消退出血は、自然か人為的なものかの違いなので、アイピルで引き起こされる消退出血も、生理であり避妊成功の証といえるでしょう。

出血量は少量のこともあれば、いつもの生理と同じぐらいの量の場合もあります。

起こるタイミングは生理予定日前後であったり、3週間以内に起こることもあるのです。

着床出血=妊娠した証

排卵が起こって精子と受精、そして受精卵となって子宮内膜に着床することで、起こる出血を着床出血といいます。

受精卵が着床すると胎盤のもとを作ろうとして、絨毛が子宮内膜に潜り込むのです。

このとき、子宮内膜が傷ついて少量の出血を起こす場合があります。

生理予定日の1週間前から予定日あたりに起こり、1~3日程度では治まるでしょう。

排卵出血=まだ避妊成功か失敗が分からない

名前の通り排卵の際に、卵巣壁が破れたときや排卵直前にエストロゲンの分泌量が急に減少することで起こる、少量の出血を排卵出血というのです。

着床出血同様に2~3日もしくは、そのときだけ出血する場合もあります。

セックスをしてアイピルを飲んでいても排卵前に効果が得られないと、排卵出血は起こる可能性があるでしょう。

そして精子は膣内でも3日~5日程度は生きているため、妊娠に至る可能性は十分にあります。

つまり排卵出血が起こっている状態では、避妊が成功しているか失敗しているかはっきり分からないのです。

着床出血と排卵出血は、一般的に出血量はごくわずかといわれていますが、稀に通常の生理と同じぐらいの場合もあるため、見分けはつきにくいといえます。

それだけでなく、いずれの出血も起こらないこともあるので、注意しましょう。

また、あまりに量が多かったり、長い期間続く場合は婦人科系の疾患による出血を引き起こしている可能性もあるので、早めに病院を受診してください。

生理がきても妊娠検査薬で最終確認しよう

出血があっても避妊成功とは限らない

アイピル服用後に起こる不正出血は、いずれも色や量で見分けることは難しいので、出血のタイミングと排卵予定日や生理予定日などから予測するしかありません。

不正出血が起こっても消退出血・着床出血・排卵出血のいずれであるか、そのとき見るだけでは分からないため、アイピル服用から3週間以上経ったら、妊娠検査薬を試しましょう。

そこで陰性(-)になれば、避妊成功の最終確認といえます。
妊娠を望んでいないなら、きちんと避妊ができているかどうか確認することが大切です。