緊急避妊薬のピル通販

通販で買えるアフターピルの種類

一般的に病院から処方してもらう緊急避妊薬(アフターピル)ですが、保険が適用されず高額な価格だったり医師に事情を説明しないといけないという懸念点があります。

セックスの後に飲むことで効果を発揮する避妊薬は緊急避妊ピルとも呼ばれていて、服用後は妊娠しにくい子宮内環境を作り出す働きを持っているのです。

排卵前なら排卵を抑制したり、子宮内膜の成熟を早めて半ば強制的に生理を引き起こすことで、受精や受精卵着床を阻害に作用します。

病院の処方でなければ手に入らないイメージがありますが、今は通販でも緊急避妊ピルを購入することができるのです。

通販で買えるいろいろな緊急避妊ピル

現在、避妊薬の主流となっているノルレボと、そのジェネリックとして有名なアイピルも個人輸入代行通販サイトで購入することができます。

錠剤数 ノルレボ アイピル
1錠 約3300円 約1350円
3錠 約8900円 約3400円
10錠 約26250円 約8900円

それだけでなく、他のノルレボジェネリックはもちろん、プラノバール錠のジェネリックなどのいろいろな緊急避妊ピルが販売されているのです。

アンウォンテッド72

アンウォンテッド72

アイピル同様ノルレボのジェネリック品ですが、日本では未承認となっています。
もちろん有効成分が同じなので1回1錠を飲むと、ほぼ変わらない効果を得られるでしょう。

ただアンウォンテッド72はマンカインドファーマ社製造なので、製造方法や一部の成分が異なっています。

その違いから、効果や副作用のあらわれ方にも違いが出る可能性があることを理解しておいてください。

アイピルよりも1割前後安い価格帯であるアンウォンテッド72は、1錠あたり約740円~約1150円で購入できます。

マドンナ

アフターピル・マドンナ

本来あるノルレボジェネリックは、有効成分のレボノルゲストレルが1.5mg配合されていますがマドンナは、その半分の0.75mgです。

そのため、1回の避妊に対して2回に分けて飲む、ヤッペ法が採用されています。

避妊失敗から72時間以内に1錠を服用して、その後12時間以内にもう1錠を服用することで効果が発揮されるのです。

1回の服用あたりで引き起こされる副作用は抑えられることが期待できますが、2回目を飲み忘れるなどしてしまうと作用が半減して緊急避妊も失敗する可能性があるため注意しましょう。

マドンナは、2錠の1セットあたり約950円~約1350円で購入できます。

エラ

アフターピル・エラ

本来緊急避妊をするためのタイムリミットは72時間(3日)以内ですが、エラは120時間(5日)以内まで制限が延びた最新の緊急避妊ピルです。

さらに120時間に服用することで発揮される避妊率は約85%、72時間以内であれば約95%なので現在主流のノルレボより避妊効果は高いといえるでしょう。

そして飲み方は、1回に1錠飲むだけで良いノルレボ法が採用されているため、飲み忘れてしまう心配もありません。

エラは、2錠の1セットあたり約3950円~約4950円で購入できます。

ノルレボとは異なるウリプリスタール酢酸エステルという有効成分であり、日本未承認です。

病院で避妊薬として処方されるノルレボより、避妊効果が高いということは作用がもっと強いともいえるので、身体への負担も大きくなる可能性があります。

高い避妊効果の反面、副作用を引き起こすリスクは高まることを理解しておきましょう。

緊急用避妊ピルの通販を事前に活用しよう

このようにノルレボやアイピルだけでなく、さまざまな緊急避妊ピルは通販サイトで購入することができます。

ただし製造している海外から直接配送され、注文から1~2週間程度の日数をかけて届くので事前に利用しておく必要があるのです。

緊急避妊が必要になってから注文する方法では、タイムリミットに間に合わないので緊急避妊ピル通販を事前に活用して、万が一の時に備えることがおすすめです。