【アイピルの効果】ノルレボジェネリックだから安心!

避妊に失敗した、と焦ったときに女性の救世主となってくれるのがアイピルです。

アフターピルは、セックス後(事後)の服用で避妊効果を得ることができるため、別名「事後避妊薬」とも呼ばれています。

またノルレボジェネリックとして知られているからこそ、安心という声も少なくありません。

それはいったいどういうことなのか、アイピルの効果とノルレボの関係について知りましょう。

アイピルの効果は高い

アイピルの避妊効果

もし避妊に失敗しても、セックスのあと72時間以内の服用で高い避妊効果が得られるアフターピルのひとつがアイピルです。

妊娠に欠かせない排卵を一時的に遅らせたり、受精卵の着床に必要な子宮内膜の増殖を抑制する働きがあります。

この働きによる避妊効果はセックス後の経過時間が短い、早く飲めば飲むほど効果は高まるのです。

ただしアイピルを服用したからといって、避妊が100%成功するわけでは無いことは理解しておきましょう。

病院処方のアフターピル(緊急避妊薬)ノルレボとほぼ同じ

そもそもアイピルは、病院から処方されるアフターピルであるノルレボと同じ成分で、配合量も1.5mgと変わりません。

製造会社は日本のあすか製薬とインドのシプラ社という違いがあり、一部の成分と製造方法が違うだけです。

レボノルゲストレルという同じ有効成分が用いられているので、ほぼ同じ効果を持っています。

ノルレボは日本で承認されていて病院の処方薬でもありますが、アイピルは未承認の海外医薬品なので個人輸入代行通販サイトでしか購入できないのです。

中絶薬ではないアイピル

アイピルを利用する際、妊娠が分かってから服用しようとする方もいますがそれでは意味がありません。

あくまでもアイピルは妊娠を回避する薬であり、妊娠しても中絶できる薬ではないのです。

排卵や受精卵の着床を阻害する働きは持っていますが、一度受精卵が着床してしまうと「妊娠成立」となるので、アイピルを服用しても意味はありません。

有効成分レボノルゲストレルの作用とは

レボノルゲストレルの働き

現在、緊急避妊の処方薬として主流となっているノルレボはレボノルゲストレルが有効成分として配合されていて、黄体ホルモン薬に分類されます。

黄体ホルモンはプロゲステロンという女性ホルモンの一種で、排卵後に体内で増加し、1週間前後で受精卵が着床しやすい環境を作り出すのです。

そしてノルレボやアイピルを飲むことで、人為的にレボノルゲストレルを摂取すると、プロゲステロン分泌後と同様の作用が起こり、排卵を一時的に抑制できます。

さらに子宮内が変化して、着床しやすい環境を作るスピードが早まるのです。

このように受精卵ができた場合でも、子宮内に到着する頃には着床しにくい子宮内膜へと状態を変化させることができるレボノルゲストレルによって、高い避妊効果が発揮されます。

従来の緊急避妊はプラノバールでおこなっていた

今や緊急避妊にはアフターピルであるノルレボの処方が主流ですが、従来はプラノバールの服用が主流でした。

ただし、日本では今も広く用いられている緊急避妊の処方薬です。

プラノバールには、プロゲステロン(黄体ホルモン)とエストロゲン(卵胞ホルモン)の2種類の女性ホルモンが配合されていて、中用量ピルに分類されています。

通常は酷い生理痛や生理不順、ホルモンバランスの乱れによる婦人科系疾患などの治療を目的として処方されることがほとんどです。

つまりホルモンバランスを整えて症状の改善効果が期待できる中用量ピルを用いて、特殊な使い方によって緊急避妊をおこなうので身体への負担は大きくなりやすいでしょう。

また1回の避妊に対して2回の服用をしなければいけませんが、現在のノルレボ処方よりも価格は安いメリットがあります。

アイピル(ノルレボ)とプラノバールの違いについて

病院処方のノルレボは、厚生労働省に承認されているアフターピル(緊急避妊薬)ですが、プラノバールより倍以上も高い処方価格です。

しかし1回の服用で済むノルレボには、身体への負担が比較的少ないというメリットもあります。

プラノバールのように飲み忘れて、避妊に失敗してしまう心配もありません。

そんなノルレボのジェネリックは、病院によって処方の有無が異なるのですが、ほぼ同じ効果が期待できるアイピルなら通販で買うことができます。

病院で時間や人の目を気にしながら、アフターピルを処方してもらう必要はなく、自分自身が好きなタイミングでアイピル通販を利用できるのです。

避妊効果が高いノルレボジェネリックのアイピルだから安心!

病院で処方されるノルレボに配合されているレボノルゲストレルは、高い避妊効果を発揮します。

保険適用外のため高額な費用がかかってしまう緊急避妊ですが、アイピルの服用なら比較的安い価格で購入することができるのです。

それだけでなく、ノルレボのジェネリックであるアイピルだからこそ病院の処方薬と同等の効果が得られるため安心して利用できるでしょう。