アイピルの副作用として引き起こされる症状とは

高い効果によって緊急避妊に役立つアイピルですが、強制的に生理を引き起こして妊娠を避ける働きをもっているので、身体には大きな負担がかかります

その負担はアイピル服用後の副作用として、さまざまな諸症状につながる可能性があるのです。

どのような副作用があるのか、その対処法についても紹介します。

またアイピルの服用ができない、もしくはおすすめできない方の特徴も知っておきましょう。

アイピルの副作用で引き起こされやすい症状とは

アイピルの服用で起こりやすい副作用

従来のプラノバールより副作用は比較的抑えられているといっても、本来ある妊娠の可能性を人為的に避けるので、副作用の可能性はゼロではありません。

アイピルの服用によって引き起こされる可能性のある症状に、一般的に吐き気や嘔吐・頭痛や下腹部の痛み・倦怠感などがあります。

吐き気や嘔吐

副作用のなかでも起こりやすい吐き気ですが、アイピルを含むノルレボは従来のプラノバール服用時の半分の発症確率まで抑えられているのです。

ただし、服用時の吐き気は20%程度の発症確率で、頻度ははっきりしていませんが1%以下の割合で嘔吐の報告もあります。

これらの症状は、空腹を避けて軽食後にアイピルを飲んだり、市販の酔い止めを併用することで対処できるのです。

万が一嘔吐しても、アイピル服用から2時間以上経過していれば問題はないでしょう。

しかし吐き出してしまうことで、緊急避妊が失敗する可能性もあります。

服用から2時間以内に嘔吐すると要注意!

もし、アイピルを服用してから2時間以内に吐き出してしまうと、成分が体内に吸収されていないので再度服用する必要があります。

このとき「アイピルを飲んでいないときと同じ」で、妊娠の可能性がある状態です。

改めてセックスから72時間以内の服用をしなければ、避妊効果は弱くなり失敗する確率は高まるため注意しましょう。

頭痛や下腹部の痛み

吐き気や嘔吐だけではなく、頭痛や下腹部の痛みも引き起こされる場合があり、10%前後の確率で発症すると報告されています。

ホルモンバランスの変化や強制的に生理が起こそうと作用しているので、生理痛に近いもしくはそれ以上の痛みを感じることがある
でしょう。

そうした痛みを和らげるために、市販の鎮痛剤(頭痛薬)を併用しても問題ないため無理に我慢せず、負担を減らすようにしてください。

倦怠感

アイピルの服用によって普段のホルモンバランスとは大きく異なるので、なんとなく身体が不調に感じるなどの倦怠感を覚える場合もあるでしょう。

発症の割合としては10%%以下でそれほど多くはありませんが、服用後活発に動いたりすると悪化につながってしまうかもしれません。

こうした倦怠感だけでなく、吐き気や嘔吐・頭痛や下腹部の痛みにも同じことがいえるため、アイピル服用後はなるべく安静にしたほうがいいでしょう。

ほか、不正出血が起こったり生理が遅れる場合もあるので、体調などいつもと違う点には注意が必要です。

アイピルの副作用は半日程度で治まる

副作用は半日ほど続く

アイピルの副作用は、急激なホルモン量の変化によって一時的に引き起こされることがほとんどです。
そのため半日程度で治まることが多く、24時間以上続くことは少ないでしょう。
万が一アイピル服用から24時間以上経過しても副作用が続く場合は、他の原因によって引き起こされている可能性もあるので、早めに病院を受診することをおすすめします。

強い副作用を起こす可能性が高い方の特徴

思い副作用が出やすい人

比較的副作用が抑えられているアイピルですが、体質など持病によって強い副作用を引き起こす可能性が高い方もいます。
それは軽度でも肝機能に障害があったり、心疾患・腎疾患を抱えているもしくは既往歴がある方です。

アイピルの服用によって強い副作用を引き起こす危険性が高いので、思い当たる方は医師に確認して服用するようにしましょう。

アイピルの服用ができない方とは

アイピルを服用できない人

身体に大きな負担を与える緊急避妊を目的とした、アイピルの服用ができない方やあまりおすすめできない方もいます。

レボノルゲストレルで過敏症を起こした経験があったり、重篤な肝障害を患っている方は特に危険です。

アレルギー性ショックや薬の成分の分解が遅れるなど、最悪の場合は健康や命の危険にまで影響を及ぼす可能性もゼロではないので、アイピルの服用はやめてください。

また妊娠中・授乳中の方は胎児への直接的な影響は心配ありませんが、副作用による体調の変化が胎児に間接的な影響を及ぼす危険性はゼロではありません。

そもそもアイピルで妊娠は回避できても、中絶できる薬ではない(内部リンク先:避妊できる確率が95%以上って本当?)ということを理解しておきましょう。

予測不可能な緊急避妊に役立ってくれるアイピルの副作用についても知ったうえで、通販を利用すると緊急避妊の安全性が高まるでしょう。

またアイピルを服用できない方もいるので、自分自身が当てはまらないかどうか服用前に確認することも大切です。